Facebook広告指南書・Facebook広告を使ってアフィリエイトで稼ぐ勝ちパターンの作り方

実は、90%以上のアフィリエイターが危険な状態です。

稼げていようと、稼げない状態であろうと、
「なぜ稼げるのか?」を説明できないと、

この先、その報酬が伸びない、
もしくはある日突然0になるっていう可能性が高いです。


だって、僕がすでにそれを経験してますから・・・(汗)

もしあなたが「なぜ稼げるのか?」という明確な答えを知り
報酬の伸ばし続けたいなら、成功者が次々に誕生している
Facebook広告アフィリエイトがおすすめです。


無意味なサイトの量産も必要ないし、
広告費も月1万円以下で始められるんです。


僕の人生を変えたFacebook広告で
「なぜ稼げるのか?」という話に興味ありませんか?


もし少しでも興味を持たれたのあれば、
読み進めていただければうれしいです。




はじめまして。

札幌在住のアフィリエイター、すばるです。


僕は2011年から母にアフィリエイトというものがあると
教えられ、母の後を追いアフィリエイトをスタートしました。

当時は量産型のSEOサイトなどで稼ぎ、
2012年には月108万円くらい稼いでいました。

ただ、その後アルゴリズムの変動などで
徐々に報酬が落ち、2017年5月には月10万円前後まで報酬が落ちていました。

「このままでは生活ができなくなってしまう・・・」

稼げるようになり、本業としてアフィリエイトをしていたので、
本当にこのときは悩んでいました。

その時に相談したのが、同じ札幌に住むアフィリエイターのこばやんさんでした。

相談をした時に、こばやんさんに最初に聞かれたのが、

これまで僕が「稼げていた理由」と「稼げなくなった原因」でした。

実はアフィリエイターですごく多いのが
一時期は稼げたけど、何故か稼げなくなったというパターンなんです。

「なぜか稼げなくなった」

これって裏を返せば、


「なぜ稼げているかわからない」


という、非常に怖い稼ぎ方をしているからなんですね。


僕も、このパターンに綺麗にハマっていて、
稼げていた理由も、稼げなくなった理由もはっきりはわかっていませんでした。

そこで、こばやんさんからの提案で
今までの経験を活かしつつ、新しい集客を正しく行ってみることにしました。


その新しい集客こそ、「Facebook広告」でした。

「Facebook広告」で正しい方法で
集客をして、集客できる要因をはっきりさせる。

集客できたら、LPを正しく改善し、
離脱する理由を1つずつ潰していく。

これを「Facebook広告の勝ちパターン」に当てはめ実践したところ、
1月足らずで、Facebook広告で利益を出し、V字回復するまでになりました。

こんにちは、こばやんです。


Facebook広告は勝ちパターンがわかれば、
「なぜ稼げているか」が明確ですし、

数値も細かく分離することができるので、
どの数値が原因で「稼げていない」のかもはっきりして見えます。

これは広告全般に言えることですが、

数値さえ管理できてしまえば、
「なぜ稼げているか」、「なぜか稼げなくなった」かもはっきりする
し、

集客しているターゲットの精度が高ければ高いほど、
それぞれの作業精度も高くなっていきます。


もしアフィリエイトをやっている中で、
「なぜ稼げているか」わからないのに、特化した売上がある場合、
それを明確にする基準を持つことが非常に大切です。


もしそれができないのであれば、
もう一つ、基準が明確な柱を持ち、リスクヘッジする。


そうすることで大きく稼いでいても、
売上が低下した時に苦労することは少なくなります。

すばるさんと僕は元々、
札幌のアフィリエイト勉強会で知り合い、

その後もバーベキュー、花見などでもよくお会いしていました。


僕が5月末から「すばるさん」に
FB広告を使ったアフィリを教えたのは、

「すばるさん」からある相談をされたからでした。

それが。。。

「検索の変動で報酬が下がった、なぜ稼げていたかわからない」というものでした。

実は、こういった悩みって多くないですか?


・サイト量産で稼げたけど、そもそもどのサイトから報酬が出ているか知らない
・バックリンク貼りまくって上位表示したけど、どれが効果的だったのかわからない
・スポンサードサーチで大量入稿して稼げたけど、仕組みが変わって稼げていない

どの悩みにも共通するのは、

「なぜ稼げていたかわからない」という悩み。


アフィリエイトは正しい方法をやれば稼げる。

でも、たまたまでも、まぁまぁ稼げるってところが怖いところです。


「たまたまでも、まぁまぁ稼げる」の最たるところが

商品名など成約に繋がりやすいキーワードでのサイト・ブログ量産や、
スポンサードサーチでの地域名などでの大量入稿です。

全部のサイト、キーワードは稼げなくても、
どれかは当たるだろう、稼いでくれるだろうが通用していました。


「たまたまでも、まぁまぁ稼げる」も積み上がれば月100万円は可能でした。

そう、「可能でした」。


ただ、2016年後半くらいから、
スポンサードサーチでもこれは通用しなくなり、

SEO対策も単純なサイト量産じゃ上位表示せず、稼げなくなっています。

「たまたまでも、まぁまぁ稼げる」確率はどんどん縮小しています。

じゃあ、どうするべきか?


単純です。

「正しいやり方で実践する」これだけです。

稼げる場所で、稼げる案件を
失敗しない運用方法で、正しい方法でメンテナンスする。

こういった勝ちパターンを作っていくことが大切です。

うちの会社も、自分もそうですが、社員が喰っていくために
こうした勝ちパターンをSEO対策、アドセンスでも、
キーワード広告、YDN広告、Facebook広告でも持っています。


「たまたまでも、まぁまぁ稼げる」パターンを実践している場合じゃないんです。

大事なのは、高確率で勝てるパターンを徹底すること。

5月末からFacebook広告を始めた「すばるさん」も
「勝ちパターン」を実践し、しっかりと結果を出すことができました。

この「勝ちパターン」ですが、
最近はSEO対策よりも、ディスプレイ広告系の勝率が良いです。


しかも圧倒的に良いです。


ここ1・2年で取り組む人が増えたYDN広告もそうですし、
Facebook広告はさらにその勝率が高い。


だからこそ、1ヶ月ちょっとで「勝ちパターン」に入れるし、
運用型広告なので、報酬も右肩上がりに上がりやすいという大きなメリットがあります。


ここ1年ほど、ディスプレイ広告での勝率上がっています。


ディスプレイ広告というと、YDN、GDN、Facebook広告や
アドネットワーク系の広告を指していますが、

特にFacebook広告の勝率はかなり高いです。


この勝率の高さにはしっかり理由があります。

教材のノウハウでもある【勝ちパターン】が確立されているということはもちろんですが、
Facebook広告のシステム自体に勝率が高くなる理由があるんです。

YDN、GDNという広告は
Yahoo!、Googleがユーザー行動を元に年齢、興味などを
カテゴライズして、それを元に僕達がユーザーを絞込、広告を出します。

Facebook広告も同じく、
Facebookが登録されているユーザー情報と
ユーザー行動を元にカテゴライズしてそれを元に広告を出します。

この時のカテゴライズの精度が
YDN、GDNは30%程度、Facebookは90%と言われているんです。

つまり、40代の女性に広告を出したいと思ったときに、
Facebookでは9割位の精度で40代の女性に広告が表示される
けど、

YDNやGDNでは50代の男性にも広告が出るし、
10代の女性に広告が表示されてしまい、購入意欲の低いクリックが起きる可能性が7割もある
ということです。

Yahoo!やGoogleも、この精度を上げる努力はしてますが、
Facebookのようにログインしないと使えないわけではないので、
その精度はそこそこ・・・と言った印象です^^;

これを知らずに、YDNなどのデータを元に
Facebookで戦うとかなり痛い目に合いますし、
大きな機会損失に繋がることも多々あります。

ある企業でFacebook広告を出す際に
YDNのデータを元にFacebook広告を始めたけどうまくいかず、

僕の会社で先入観無しで運用代行させてもらったところ、
費用対効果がYDNの4倍以上になったというケースも存在します。


まだまだFacebook広告を「勝ちパターン」で
運用できているアフィリエイターは少ない
のですが、


2017年5月からFacebookを始めた「すばるさん」も
先入観無しでFacebook広告を始め、今ではガンガン成果を上げています。

つまり、Facebook広告を「勝ちパターン」を知れば
今からでもガンガン利益を上げることは可能です。

最初は複雑な手順など、覚えることも多いように思える
Facebook広告なんですが、覚えてしまうと、

SEOサイトや他の広告のメンテナンスと比べても
やることが本当に少ないのもFacebook広告を使ったアフィリエイトの大きなメリットです。

Facebook広告はユーザー精度が高く、

Facebookが購入しやすいユーザーへ広告表示するなどの
最適化を自動的にかけてくれるので、毎月、毎週のように費用対効果は上がっていっていきます。

この状態になると、時間に余裕ができるので
次の案件にも移りやすいですし、

成果も上がっているので、良い条件を広告主にもらいながら、
SEOをかけたサイトを作るってこともできてしまいます。

1つ勝ちパターンができると、
こういった好循環が生まれるので、

これからアフィリエイトで長期的に稼ぎ続けたいって人こそ、
ぜひFacebook広告を始めてみてください。



FB広告指南書では、
「Facebook広告は流行っているけど、どこから始めたら良いかわからない」って人にも
はじめの一歩としてしっかり取り組んでもらえるものにしています。

ここ最近、Facebook広告への質問、多くなってきています。

長年、サイトアフィリをやっている人でも、
Facebookが熱いよ!とASPから聞くという人も多いみたいです。


ただ、中途半端にイジると痛い目を見るのが
広告系アフィリの難しいところです。


もちろんFacebook広告も例外ではなく、
やり方を間違うと、なかなか利益は出せないってことも起こります。

実はFacebook広告にも悪い点はあります。

しかも、それが大きな落とし穴になる。


その悪い点というのが、
仕様のわかりづらさと、複雑さです。

はっきりいって、挫折する人の多い
直帰率高めの不親切な仕様になっているのが現状です(笑)


ただ裏を返せば、この部分を乗り越えて「勝ちパターン」を知ると、
ライバルが少ない市場で、広告費3割くらいで報酬がバンバン上がります。

100万売って、30万くらいの広告費ってイメージですね。

この報酬の仕組みができるまでのスピードは、
他のアフィリエイトとは大きく異なってる最大のメリットと言えます。

SEOの場合、50万売れるサイトを作るまでに
最低でも5〜6ヶ月、長いと1年以上かかるのが普通です。

もう少し規模の小さい5〜10万円売るサイトでも、
集客に慣れていても、2〜3ヶ月かかるってイメージです。


その点、Facebook広告は
1ヶ月はテスト、2ヶ月目に大きく利益が出るって感じです。

うちも今伸びていて月に200件以上出て
100万超える案件は、2ヶ月目でこの件数に至っています。


↑2017年8月末スタートの1つの案件での成果(2017年11月30日まで)


で、このスピード感はYDNなどの広告でも可能なんですが、
Facebook広告と他の広告の違いは、「利益率」にも現れます。

Facebookのターゲティングの精度は91%もあり、

例えば、「40代男性だけに配信したい」と設定すれば、
91%と高い精度でそのユーザーに広告が配信されます。

他の広告媒体はこの精度が
高くても3割程度
と言われているので、

本来届けたいユーザー以外にも広告が配信される結果、
今日は利益出たけど、3日間赤字になるってことが起こります。

↑ こういう経験、広告やってると必ず起こるけど、検証しづらいし、
下手にいじるとさらに売れなくなるっていう繰り返しにもなります。


この配信精度が高いFacebook広告は
検証もしやすく、その結果7割近い利益率になることが多いですし、

Facebook広告のシステムが反応しやすいユーザーのみに
自動的に広告を配信する最適化をかけていくので、

昨日より今日、今日より明日、
先月よりも今月の利益率が高くなりやすいシステムになっています。

自分で管理するってよりも、
Facebookが費用対効果を上げる調整をしてくれるイメージです。


このように使いこなせれば良い広告システムなんですが、
まだまだ圧倒的にわかりにくい仕様なので、

大きな落とし穴を避けて、
Facebook広告を迷いなく始めるための初期マニュアル
ご用意しています。


こちらに関しては無料でご覧いただけるので
興味があれば、こちらからお申し込みください。

※マニュアルとFacebook広告での稼ぎ方を解説した
動画やお知らせをメールセミナー形式で送らせていただきます。

これまでもお伝えしてきましたが、
Facebook広告の最大の弱点はシステムのわかりづらさです。


インターフェースもちょこちょこ変わるし、
最適化がかかる仕様も他社の広告とは違うので、

スポンサード、YDNができても
Facebook広告では成果を出せないというアフィリエイターさんも多いです。


Facebook広告は流行ってはいるけど、
正しい運用を語れるアフィリエイターが少ない。


ただ、この最大の弱点の【クセ】がわかれば
現状では、どの広告媒体よりも利益率が高い運用ができます。

まともなライバルがまだまだ少ないので。


今から参入するなら、本当に美味しい市場と言えます。

Facebookはターゲットの絞り方が優秀なので、
「勝ちパターン」の運用方法をしていくことで、

早い段階で高い利益を出すことができます。

例えば、6月から運用を開始した下記の案件ですが
7月28日終了までで、7月のみでこれくらいの件数が上がっています。

(アフィリクリック・成果数・報酬・成約率・確定件数・確定報酬)


件数もなかなか多いですが、
購入率(成約率)も非常に高くなっていますよね?


これがFacebook広告が、
「成約しやすい人」に向けて広告を配信した結果
です。


Facebook広告は運用の仕方によって、

・広告をクリックしやすい人
・アフィリリンクをクリックしやすい人
・購入しやすい人

のようにどの人に向けて広告を出すべきか?を
考えながら最適化してくるという特徴があります。

最適化の精度は運用期間が伸び、
そのデータが溜まることで精度が上がっていくんですが、

この報酬画面の場合も7月17日くらいから
その精度が上がり、1日4〜5本だった成果が
8本前後まで取れるようになってきています。

この時の広告費は11000円/日って感じです。


ちなみにこの最適化、
基本的には精度が上がると広告のクリック単価も下がっていきます。

なので、最適化がかかると広告費の費用対効果が上がり、
同じ広告費でも利益が伸びる構造にできるんです。



ね、すごくないですか?


こういったFacebook広告ならではの
クセや、勝ちパターンが今回のFacebook広告指南書では
言葉の解説を始め、利益を出すまでの運用方法など1つ1つ詳しく書いています。


【Facebook広告の指南書】は
勝ちパターンの肝にもなっている、

・広告セットの組み方
・広告を出すタイミング
・正しい画像テストのやり方


などから、反応が良く、利益を出すための運用方法を
まとめた教材内容になっています。


Facebook広告はユーザー数も多く、
最適化の仕組みが他の広告媒体とは比にならない精度です。

ただ、非常に成果の出しやすい広告なのに
わかりづらい部分が多いということで、敬遠されることもあります。

でも、「わかりづらいから挑戦しない」で
稼げるチャンスを見逃すのは非常にもったいないです。


僕は2005年からアフィリエイトを始めているので、
こういうチャンスは何度か経験していますが、

2006年にスポンサードサーチで地名での大量出稿が流行り、

2007年にさくらブログ&日本語ドメインが作った瞬間に上位表示で流行り

2008年にバックリンクでガンガン上位表示という手法が流行り、


その時に実直に作業した人はしっかり稼いでいましたし、
その後その手法が通じなくなっても、稼いだお金と経験はしっかり残ります。

今回のFacebookも裏技的な手法ではないですが、
稼げる金額のスケール感は酷似しています。

さらに、Facebook広告での勝ちパターンは一時的なノウハウではないので、
どの広告媒体にも応用できるし、SEOサイトでも活用できるものです。


すばるさんに関しても、
最初は「わかりにくい」と半信半疑でしたが、

Facebook広告に慣れると、作業量としては本当に少ないので
作業に対して稼いでいる金額に驚いていました。

僕が月に数百件成果を挙げて、稼いでいる案件でも、
1日10分程度データを眺めるだけって日のほうが多いくらいです。

もちろん初期設定やサイトを作るっていう手間は最初はかかりますが、
それさえできれば、やることは少なく、リターンは大きめです。


それだけ、Facebook広告の
ターゲットユーザーに対しての自動化・最適化は優れています。

この流れはYahoo!、Googleにもいずれ広がりますが、
現状ではFacebookの精度がかなり高いので、

勝ちパターンを知っている人に大きな恩恵が来ています。

だからこそ敬遠する理由を【Facebook広告の指南書】でなくしていき、

勝ちやすい場所で勝ち続ける力を、ぜひ身につけてみてください。


まだFacebook広告を全く知らなくても
今から始めれば十分間に合います。

ぜひこのチャンスにFacebook広告を始めてみませんか?





少し前からFacebook広告についての質問がメルマガに
届いていたので、今回はいくつか回答していきたいと思います。

Q1:Facebook広告はどう始めれば良いのか?

単純なはじめ方であれば、「Facebook広告 始め方」などで
検索しても解説しているサイトはボコボコ出てきます。

ただ、Facebook広告は仕様がガンガン変わるので、
画面が多少古いことも多いです、その点だけは注意しましょう。

まだまだ圧倒的にわかりにくい仕様なので、

大きな落とし穴を避けて、
Facebook広告を迷いなく始めるための初期マニュアルも
ご用意しています。


こちらに関しては無料でご覧いただけるので
興味があれば、こちらからお申し込みください。

※マニュアルとFacebook広告での稼ぎ方を解説した
動画やお知らせをメールセミナー形式で送らせていただきます。

あと、集客の仕様も結構変わるので、
もし本格的に「利益を出す」運用をしたいなら、
初期マニュアルだけではなく、この教材はおすすめです、


Q2:どれくらいの予算が必要なのか?


これについては、望んでいる金額にもよりますが、
予算が少ないなら、1日300円とかからでも出稿は可能です。

うちのFacebook広告の勝ちパターンは
予算を限りなく少なく始めて、勝てる広告が見つかったら
徐々に予算を上げていくというやり方を取っています。

先月1日300円から始めた案件も、
先月末で1日1500円の広告費まで上げていましたが、
5000円の案件が1日2〜3件決まっています。


今は予算も成約もその倍くらいですが、
かなり良い利益率で運用できています。

Q3:YDNで稼げたけど、併用は可能なのか?


併用は可能です。

ただ、YDN→Facebook広告というよりは
Facebook広告→YDNって方が良いです。


周りのアフィリエイターに聞いてもYDNで稼げていても
同じ案件・LPでFacebook広告で稼げるってことは少ないので、

Facebook広告で稼げたら、
YDNでもリターゲティングから部分的に出稿していくっていうのが
利回りの良い運用パターンでした。

うちもFacebook広告で利益が出てきてから、
YDNのリタゲでも回収するっていうパターンが多いです。

ちなみにSEOとの併用も
Facebook広告は相性が良いです。


SEOで集客した人に
リタゲでFacebook広告で追っていくってことをすると、
アフィリクリック率も20〜40%とか出せるので、

利益率も非常に高い運用が可能です。


他にも色々質問いただいていますが、
よく頂くものに関して、回答してみました。